肌に優しい化粧品

敏感肌でも効果を実感できる化粧品選びを

  • 市販の化粧品がピリピリして辛い、つけると赤くなる
  • 美白やエイジングケアなど、化粧品の効果がうまく出ない
  • 肌荒れしてしまう

肌が弱いと、悩みは尽きませんよね。そんなあなたにおすすめなのが敏感肌向けの肌に優しい化粧品ブランドです。

注目の肌に優しい化粧品ブランド

ディセンシアアヤナス
ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドdecencia。発売以降、特許技術を使用した新しいアプローチが雑誌で大きな注目を浴び、肌に優しい化粧品を求めていた敏感肌女性からの絶大な人気を集めています。

人気の理由は「肌に優しいのに効果を実感できる」こと。これまで「低刺激・低効果」の水のような敏感肌向け化粧品にうんざりしていた女性から、まさにコレ!という熱い支持を得ています。


アヤナスの仕組み

アヤナスの仕組み

特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が肌のバリア機能を高めて外部刺激をシャットアウトすると共に、肌の水分をしっかりと閉じ込めてくれます。そうして健康肌を養う土壌を整えたところに、セラミドをはじめとした保湿・エイジングケア成分を肌奥までゆきわたらせます。


アヤナス雑誌掲載

発売以降、異例の人気に

雑誌掲載多数(広告記事ではなく純粋な取材記事が多数を占めます)。人気モデルの水谷雅子さんをはじめ、多くの芸能人・美容家から高い評価を得ています。

実際に愛用している方も多いことがアヤナスの特徴。特に芸能人の方は激務でつねに大きなストレスにさらされています。環境的にゆらぎやすい肌でも使い続けられる化粧品として信頼を寄せられているようですね。


敏感肌の原因とこれまでの化粧品の問題点

敏感肌の原因

敏感肌の原因とは?

敏感肌の最大の原因は、肌の角層が乱れてバリア機能が弱まっていることにあります。これにより2つの問題が生まれます。ひとつは外部からの刺激を受けやすくなること。もうひとつは肌の水分が蒸散しやすくなることです。

外部からの刺激が肌の表面を抜けて表皮内部まで到達すると、肌はダメージを受けて炎症を起こします。赤みやかゆみといったトラブルの原因となります。

一方、肌の水分が蒸発し続けると、乾燥により肌細胞はカラカラにひからびた状態になります。角層の乱れをおし進めて、更に刺激に弱くなってしまうのです。


敏感肌でも効果を実感したい!

成分の強い化粧品の問題点

敏感肌になっている時に成分の強い化粧品をつけると、刺激になって肌は炎症を起こします。赤みやかゆみ、湿疹はつらいものです。

さらに悪いことには炎症を起こすことで健康的な肌の育成が止まります。肌の状態が悪化するという負のスパイラルに陥りがちになるのです。

肌の状態が健康肌に戻っていない限りは、成分の強い化粧品は避けなければいけません。


とにかく刺激のない化粧品を選べばいいの?

ではとにかく刺激の少ない化粧品を選ぶのが正解なのでしょうか?ここが敏感肌に優しい化粧品選びのむずかしいところです。

刺激が少ないということは、配合されている美容成分も薄いということです。低刺激になるほど水に近くなります。そのため美容効果も小さくなりがちになります。

敏感肌は美容効果をあきらめて、水のような化粧品を使い続けるしかないのでしょうか?


長年冷遇されてきた敏感肌ですが、近年の敏感肌の増加傾向にあわせて、まだ数が少ないとはいえ、ようやく敏感肌でも効果を実感できる化粧品が登場してきました。

特にポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドdecenciaは、高い評価を受けています。
>>decenciaについて詳しく見る

お悩み別 肌に優しい化粧品おすすめ診断

敏感肌×乾燥敏感肌×かさかさ乾燥
敏感肌×しみ敏感肌×美白
敏感肌×しわ敏感肌×しわ・ほうれい線
敏感肌×ニキビ敏感肌×ニキビ
「肌が弱いからとにかく肌に優しければいい」という考え方ではなく、今の肌の状態をしっかり理解して、その悩みにアプローチしてくれる化粧品を選ぶことが大切です。

敏感肌ってどんな肌?

敏感肌とは

現在では環境のせいもあり肌が弱い敏感肌の方が、以前に比べるととても増えてきている傾向にありますす。さらには毎日行っているスキンケアが、本当に自分にあっているものなのか分からないという方も増えています。化粧品は年々研究が進んでおり、効果的な商品が増えているのは確かなのですが、敏感肌となると合う合わないがはっきりと現れます。

特に敏感肌の方は、間違った化粧品を使用したり、間違えたケアをするほど危険なものはないのです。

では、そもそも敏感肌ってどんなお肌のことなのでしょうか?医学的には「敏感肌」という病名は、ないそうですが、文字どおり少しの刺激などで、荒れてしまたりピリピリすることで、人よりも過敏に反応してしまうことから敏感肌と言われているようです。医学的な病名がないからこそ逆に敏感肌の方は、お手入れが大変なのです。

要するに、角質のバリアが、弱くなってしまって少しの刺激でも敏感に反応してしまうことで、急に今までなんともなかった化粧品が合わなくなったり、季節によってお肌の状態が変わったりと急激な変化が現れます。

自分のお肌の状態を知ることが大切!

最近では敏感肌用の肌に優しい化粧品も多くみられるようになりましたが、やたらと敏感肌商品ばかり使えばいいというものでもありませんよね。食生活の乱れやストレスからも肌トラブルは起きますが、敏感肌の方は、まず、ご自身の肌の状態を知ることが大切ともいえます。

敏感肌といっても人それぞれに症状は変わるはずです。自分は何に対して肌が、弱く、どのようなスキンケアがいいのか、そこを突き止めることは、非常に重要では、ないのでしょうか。そしてご自身の肌の事を、よく理解したうえで、毎日のスキンケアを行っていれば、肌トラブルとも無縁でなおかつ美肌を、キープしていけるかと思います。

最後に、ご自身のお肌を、いたわる意味でもできるだけ食生活に気をつけ、ストレスを感じたら息抜きをするなどという生活面でのケアも大切な事だとお伝えしておきます。

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン