肌に優しい化粧品

敏感肌のエイジングケアにはバリア機能をUPさせるセラミドを含む化粧品がおすすめ


13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s

バリア機能をUPさせる

年齢を重ねるとお肌の老化が始まり、しみ、しわ、たるみなどの症状が出てきます。これはお肌のターンオーバー機能と同時に肌のバリア機能が低下するからです。エイジングで敏感肌の場合、特にバリア機能が著しく低下している状態です。バリア機能が低下したままだとエイジングスキンケア化粧品の美白・美肌効果を十分に期待することが出来ずエイジングケアしても美白・美肌効果を得ることが出来ません。

エイジングケアする効果を十分に得るためにはバリア機能をアップさせる必要があります。バリア機能をアップさせるには、ずばりお肌の保湿です。保湿成分たっぷりの敏感肌用の基礎化粧品を使った後に、エイジングケア用の美容液などでエイジングケアを行ないます。お肌の保湿をしっかり行なうことで次第にバリア機能が回復しエイジングケアの効果を期待することができます。お肌のバリア機能が改善されると肌荒れなど肌トラブルなども改善し、化粧のりも良くなります。

セラミドを含む化粧品を選ぶこと

セラミドはお肌の水分を保っているとても重要な成分です。ヒアルロン酸、コラーゲンと共に皮膚になくてはならない美肌成分で年齢と共に減っていきます。そのためスキンケア商品などで外から補うことが大事です。皮膚の角質層にあるセラミドは、お肌のバリア機能が低下していると蒸発しやすく、敏感肌でエイジングだと更にセラミドの蒸発が加速されます。セラミドはお肌の角質層にありますが、年とともに減っていきます。エイジング用のスキンケア商品にはヒアルロン酸やコラーゲンといった美白・美肌成分と共に多く含まれているので、それらセラミドが多く含まれている化粧品を選んで使うことがベストです。

お肌のセラミドが補給されると、肌の弾力が戻り、はりが出て肌の若々しさを保つことが出来ます。敏感肌用のスキンケアをした後はヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド成分がたっぷりはいったエイジングスキンケア商品でお肌のつや・はりを取り戻し若々しさを保ちましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン