肌に優しい化粧品

無添加化粧品が敏感肌に向いている理由


9a54975fce7b4023d6f4264f6be83dae_s

無添加化粧品とは

現在、世に出回っている化粧品には『無添加』というワードが多く見られるようになってきています。無添加と言われれば、なんとなく安心で安全な化粧品だと思えてしまいます。しかし、無添加化粧品と銘打っていれば安全なのでしょうか?では、そもそも無添加化粧品とはどういう意味なのか、みていきましょう。

「無添加」というのは、読んで字のとおり、何かが添加されていないということです。その何かとは、化粧品によってまちまちです。たとえば、香料だけが無添加である場合も、保存料だけが無添加である場合も「無添加化粧品」としか書いていない化粧品もまだまだ多いです。

無添加化粧品とだけ大きく宣伝していると、保存料や香料、そのほか合成着色料やそのほかの害となりうるものまですべて「この化粧品には添加していません」という誤解を消費者に与えてしまいがちです。

本来は、「無添加化粧品」と言えば、「表示指定成分」を添加していないものをさしていたようです。「表示指定成分」というのは、1970年代「アレルギーを引き起こす可能性がある成分」として厚生省によって指定された成分のことです。

こういった成分を添加する場合、必ずそれを表示し、消費者にわかるようにすることが義務づけられました。これを受けて、消費者、そして化粧品業界の間では「表示指定成分」を表示すると、美肌を阻害するイメージを与えるような感覚が広がったのも事実です。そして、「表示指定成分」を添加していないもの、つまり「表示指定成分無添加化粧品」が出回るようになってきました。

添加物フリーで安心!

化粧品メーカーには、表示指定成分が添加されていない化粧品を作るメーカーがあります。このメーカーは、「表示指定成分無添加化粧品」ときちんと容器に明示することができます。反対に他のメーカーでは、単に保存料だけが添加されていなかった場合でも「無添加化粧品」と表示することもできました。

しかしながら、2001年には「表示指定成分」制度が廃止されて、代わりとして化粧品に使われている原材料や成分のすべてを、容器あるいは外箱に明示しなければならなくなりました。すると、何がつかわれているのかが一目瞭然で、特に敏感肌やアトピー性皮膚炎などの方にも安心して選べるようになってきたのです。しかし、現在でも無添加化粧品と表示している化粧品は数々あります。

こういうことを懸念したり心配したり、挙句の果てにお肌に多大なるトラブルを発生させたりするならば、いっそのこと添加物が一切含まれていない添加物フリーの化粧品だけを選ぶ、ということもひとつの手です。

添加物フリーの化粧品てあるのかしら?と思われるかもしれませんが、実際に敏感肌やアトピー性皮膚炎で悩まれた人物などによって、添加物フリーの化粧品を作り世に出してくれているメーカーは、地味ながら確かにあります。

もしも敏感肌などで使う化粧品に悩んでいるなら宣伝や芸能人の言葉などに惑わされないで、自分の肌がもっとも安心し、喜ぶ化粧品選びをしていくのもいいでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン