敏感肌 20代 化粧品

20代敏感肌の潤いスキンケア!化粧品選びは「自分に合うか」が唯一の基準


20代敏感肌のケア方法

10代の頃と比べ、20代になると仕事を始めたり、結婚や妊娠など生活環境に変化が多い時期ともいえます。特に、20代後半になるとお肌の変化にも敏感になってきます。このような変化が繰り返され、敏感肌の方は乾燥が進んだり、ちりめんジワやくすみなどが目立ってくるようになります。

敏感肌の場合、通常の健康なお肌とは異なり、表面上だけのお手入れだけでは間に合わなくなってきます。ホルモンバランスや食生活を偏らないようにバランスを取る事も大切です。

まずは、表面上のお手入れは「潤い」をしっかりと与えるようなケア方法が重要です。ただでさえ水分の保水力が不安定な敏感肌は、20代のうちに潤いで満たしてあげることが、今後の肌トラブルの予防に繋がってきます。

ここで注意しておきたいことは、水分と油分はまったく別物ですので、油分の多すぎるような化粧品を使用してベタベタつけないように気をつけましょう。20代のうちからあまり油分を与えすぎてしまうと、肌機能の低下を早める原因になってしまいます。

ですので、水分(化粧水)をメインにたっぷりと潤いを与えてあげましょう。つけ方としては、コットンなどは使用せず、敏感肌の方は、手でつけていくことがポイントです。

化粧品の選び方

基本的な事ですが、化粧品を選ぶ際は添加物や強い防腐剤の含まれていない「無添加」の自然派化粧品を選ぶようにしましょう。敏感肌用の無添加化粧品に含まれている美容成分のほとんどが、植物からとれるエキスが含まれ作られており、肌に優しい化粧品といえます。

炎症を抑えるエキスや、潤いをキープしてくれるエキスなどさまざまな植物エキスがあります。肌トラブルに対応できる化粧品で、合わないものが多い敏感肌の方でも、現在ではメーカー独自の技術で刺激を与えず効果に期待できるものが多くなっています。

化粧品はどんな美容成分を与えるかによって結果が変わるものです。そして出会いです。とにかく自分に合いそうな化粧品はお試しして、お肌の声を聞くことが一番はやくあなたの肌に優しい化粧品を見つけることができるものです。

高い化粧品にはもちろん高級な成分が含まれていますし、安い化粧品にはそれなりなり成分であるといえます。ですが、敏感肌の方の場合、価格の問題ではなく「自分に合うか」ということがキーポイントになりますのでお財布と相談しながら、自分に合う化粧品を探していきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン