敏感肌 30代 化粧品

30代の敏感肌スキンケア方法と、化粧品の選び方のポイント


30代敏感肌のスキンケア方法

年齢を重ねると、少しずつお肌に変化が現れます。30代となると20代の頃とは違い、ますます乾燥が気なる時期でもあります。特に敏感肌の肌の方は、もともとから乾燥しがちな肌タイプですので、余計に乾燥が気になるようになったのではないでしょうか。乾燥が進むと、シミやしわ、たるみ、くすみなどのトラブルにも近づいてしまいます。まず、健康なお肌は28日に1回という周期で新陳代謝を繰り返しています。20代を過ぎたあたりからお肌の機能が徐々に低下していきますし、ターンオーバー(新陳代謝)の周期は加齢やストレスなどにより乱れてしまい敏感肌が進んでしまいます。

ですので、30代での敏感肌のケア方法として優先すべきケアは、ターンオーバー(新陳代謝)の状態を手助けするお手入れが必要です。新陳代謝を手助けしてあげることで敏感なお肌の状態が落ち着いてきたり、シミやシワ、くすみなどのトラブル対策にもなるのです。

内面的なお手入れの場合は食事やサプリメント、外側からのケア方法としては洗顔や美容液などを重点的に行っていきましょう。

化粧品の選び方

お化粧品というのは魔法の液体ではありませんので、1つのものでシワやシミ、くすみ、ニキビなどが一瞬にして効果が見えるものではありません。

30代ともなると優先すべき部分からケアをしていくことをオススメします。敏感肌の方はターンオーバー(新陳代謝)の手助けをしてくれるような化粧品を選びましょう。

まずは、添加物が含まれていない肌に優しい化粧品を選ぶことが必須です。ちょっとしたもので刺激を感じてしまう敏感肌は、刺激の強い成分が含まれてると赤みがでたり痒くなったりと別の肌トラブルを招いてしまいます。できれば、防腐剤などが含まれていないものや、沢山の成分が含まれていない化粧品を使用することが望ましいです。

また、バリア機能を強化してくれる化粧品や洗浄力の弱い洗顔料が適しています。
近年では年齢別に開発された敏感肌用の化粧品などがたくさんありますので、成分をチェックしながら選んでいくといいでしょう。

肌に優しい化粧品についてまとめていますのでご覧くださいね。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン