敏感肌 40代 化粧品

40代敏感肌のスキンケアと、化粧品の正しい選び方!生活習慣も大切に


お肌の状態も若い頃とは違う

40代になると、お肌の状態も若い頃とは随分違ってきます。当然トラブルも増えてきます。特に敏感肌の人の場合は、余計にそのケア方法で大きく結果が違ってきます。適切に対処することがとても大切といえます。

特に化粧品や洗浄用品については自然とか無添加といったものをよく見かけますが、表示を丸ごと信じて使うことは逆に危ないこともあります。そうした表示に惑わされず、内容成分を見て使うことです。また敏感肌といってもその原因や症状はさまざまです。もともと敏感肌という医学的症状の用語はないそうです。
乾燥によるもの、刺激によるもの、ストレス性、金属に反応するものや食べ物、あるいはアレルギー性など、赤くなったり荒れたりといったトラブルが生じれば敏感肌として言われるということのようです。

化粧品と生活習慣を整えましょう

こうした敏感肌はまず自分のお肌の症状を考え、自分に合った、肌に優しい化粧品を選ぶ必要があります。そのためにご自分のお肌の状況をきちんと把握することです。

また、セラミドの不足が敏感肌の原因とも言われています。特に乾燥肌の場合は、保湿をもたらすセラミドを補えるものを選ぶことです。潤いを逃さないようしっかり保湿するようにしましょう。

そして化粧品以外、食物の選択なども大切です。ビタミンEなど形成に良い物が入っている食品を取り入れ、セラミドの形成に役立つ大豆やほうれん草といった食品を取るように内側からのお手入れもできるように工夫をしていきましょう。

そしてストレスや睡眠などの生活環境を整えることも40代の敏感肌ケアには必要です。とくに夜10時から深夜2時は、お肌のためのゴールドタイムと言われています。

この時間に睡眠を摂り、睡眠時間も確保すると身体の疲れや、お肌の疲れなど精神的にも改善されます。化粧品の良い選択とともに、生活の見直しで敏感肌に良い状況を作りだしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン