肌に優しい化粧品

無添加化粧品やオーガニックコスメは成分の見極めが最も重要!


広告宣伝だけで決めないこと!

広告宣伝では、いかにもその商品が私たちのお肌に貢献してくれそうなことばかりを述べています。もちろんそれは当然で、マイナスのことを宣伝したりすればお客さんは買ってくれないでしょう。そして、人気の芸能人を起用したりして、自社の製品を使えばその芸能人みたいになれると私達に錯覚させているのです。

ですから、広告宣伝のイメージに振り回されることなく、その製品の特長や効果、使われている原材料やその配合率をしっかりとチェックすることが必要です。

そして、これだと思った商品で何か表示内容に不審な点があれば、尋ねてみることが大切です。どの商品も、お客様コールセンターやメールを使って相談ができるようになっていると思います。

そういったところへ遠慮なく聞いてみることが大切です。面倒だとか、恥ずかしいとか言っていて、いざ自分が使ってトラブルになってしまったら、それこそ皮膚科の医療費、薬代などで余計な出費と嫌な思い出を作ってしまう事になります。

誰のための化粧品かというと、それはメーカーのための化粧品ではなく私達のための化粧品ですから、使う私たちがしっかりとチェックしたいものです。そして、商品を選ばされるのではなく、自分が選ぶのだという意識をもつことです。

成分内容の見極めが大切

オーガニックと無添加。このどちらの言葉が書いてあれば敏感肌にも優しいと思いますか?こたえはどちらも正解だし、どちらも間違いだといえるでしょう。というのは、オーガニックと書いてあっても保存料などが添加されている化粧品はいくらでもあります。

反対に、無添加と書いてあっても保存料以外の何かが添加されているかもしれません。ですから、成分内容の見極めというのは大切なのです。何々エキス配合と書かれていてもはたしてそれはオーガニックかどうかわかりません。しかも、そのエキスがどのくらいの配合率で混ぜられているのかもわかりません。もしもそのあたりが気になってしかたないなら、メーカーに問い合わせることです。メーカーは買ってもらわなければ困るのですから、私達の前向きな質問には必ず答えてくれるはずです。逆にいえば、答えるのを渋るということは安全性などに疑問が残るメーカーであるといえるでしょう。

無添加と書いてあっても安心しない、オーガニックと書かれていても過信しないことが重要で、どうしても気になるならメーカーに問い合わせることが大事ということです。
現在では、100%自然原料で作られている化粧品メーカーも希少ですが、次第に増えてきました。原材料にいちいち見極めが必要などといわなくても、私たちが安心してぱっと買えるようになってほしいものです。

オーガニックコスメが敏感肌に向いている理由


オーガニックコスメとは

オーガニックコスメというのは、簡単にいうと原料に使われる植物などが有機栽培されたものと言えます。具体的には、栽培中に農薬を使っておらず、肥料にも化学肥料を使っていない植物を原料として作られたものをオーガニックコスメと言っています。しかしながら、その原料が100%使われていなくてもオーガニックコスメと呼ばれているようです。

オーガニックで育てられたかどうか、つまり、無農薬・有機栽培かどうかであることは、第三者から認定を受けなければオーガニックコスメとはなりえません。日本ではまだそこまではいっていないかもしれませんが、海外では様々なオーガニックと認定できる機関が発達しています。そして、独自の認定基準を設けているようです。

先ほどもあったように、オーガニックコスメといっても原料が100%オーガニックでできた植物でない場合でも、オーガニックコスメと言っています。

大変極端な例ですが、無農薬・有機肥料で栽培されたオーガニックな植物原料がたとえ1滴だったとしても、加えられていればそれはオーガニックコスメといえるのです。ですから、原材料を見ると同時にその配合率もチェックする必要があるかと思われます。

一定の基準を満たしているので安心!

オーガニックコスメというのは、無農薬・有機肥料で栽培された植物のエキスが配合されている化粧品です。植物のエキスというのはかなりのパワーがあるようで、どこでも化粧品の宣伝ではよく見られると思います。

しかしながら、その植物のエキスが農薬と化学肥料を使って安く作られたものなのか、それとも無農薬と有機肥料で手間暇かけて作られ、安全で有効成分のパワーが強いものなのかを見極めるのは、大切なことです。オーガニック栽培、つまり無農薬で有機肥料を使い、しかも酷使されていない土地で栽培されたものかどうかを判断するには、一定の基準が設けられています。

これは化粧品のみならず、食糧としての野菜や果物の栽培にも適用されるものです。よくスーパーなどでオーガニック栽培の人参、などとして販売されているのを見かけることがあるかと思います。

オーガニック栽培だと表示するためには、認定を受けなければ表示ができません。しかも、無農薬・有機肥料栽培だといっても、さまざまな細かな段階が設けられています。ということは逆に考えれば、オーガニックコスメと表示ができる化粧品は、一定の基準を満たした認定の栽培法によって作られた植物のエキスが配合されているということです。
ですから、そういう意味では安心だということができるでしょう。

無添加化粧品が敏感肌に向いている理由


無添加化粧品とは

現在、世に出回っている化粧品には『無添加』というワードが多く見られるようになってきています。無添加と言われれば、なんとなく安心で安全な化粧品だと思えてしまいます。しかし、無添加化粧品と銘打っていれば安全なのでしょうか?では、そもそも無添加化粧品とはどういう意味なのか、みていきましょう。

「無添加」というのは、読んで字のとおり、何かが添加されていないということです。その何かとは、化粧品によってまちまちです。たとえば、香料だけが無添加である場合も、保存料だけが無添加である場合も「無添加化粧品」としか書いていない化粧品もまだまだ多いです。

無添加化粧品とだけ大きく宣伝していると、保存料や香料、そのほか合成着色料やそのほかの害となりうるものまですべて「この化粧品には添加していません」という誤解を消費者に与えてしまいがちです。

本来は、「無添加化粧品」と言えば、「表示指定成分」を添加していないものをさしていたようです。「表示指定成分」というのは、1970年代「アレルギーを引き起こす可能性がある成分」として厚生省によって指定された成分のことです。

こういった成分を添加する場合、必ずそれを表示し、消費者にわかるようにすることが義務づけられました。これを受けて、消費者、そして化粧品業界の間では「表示指定成分」を表示すると、美肌を阻害するイメージを与えるような感覚が広がったのも事実です。そして、「表示指定成分」を添加していないもの、つまり「表示指定成分無添加化粧品」が出回るようになってきました。

添加物フリーで安心!

化粧品メーカーには、表示指定成分が添加されていない化粧品を作るメーカーがあります。このメーカーは、「表示指定成分無添加化粧品」ときちんと容器に明示することができます。反対に他のメーカーでは、単に保存料だけが添加されていなかった場合でも「無添加化粧品」と表示することもできました。

しかしながら、2001年には「表示指定成分」制度が廃止されて、代わりとして化粧品に使われている原材料や成分のすべてを、容器あるいは外箱に明示しなければならなくなりました。すると、何がつかわれているのかが一目瞭然で、特に敏感肌やアトピー性皮膚炎などの方にも安心して選べるようになってきたのです。しかし、現在でも無添加化粧品と表示している化粧品は数々あります。

こういうことを懸念したり心配したり、挙句の果てにお肌に多大なるトラブルを発生させたりするならば、いっそのこと添加物が一切含まれていない添加物フリーの化粧品だけを選ぶ、ということもひとつの手です。

添加物フリーの化粧品てあるのかしら?と思われるかもしれませんが、実際に敏感肌やアトピー性皮膚炎で悩まれた人物などによって、添加物フリーの化粧品を作り世に出してくれているメーカーは、地味ながら確かにあります。

もしも敏感肌などで使う化粧品に悩んでいるなら宣伝や芸能人の言葉などに惑わされないで、自分の肌がもっとも安心し、喜ぶ化粧品選びをしていくのもいいでしょう。

まずはお試しセットから!食生活をみなおすことも大切!


食生活を見直してみよう!

たとえ高価で有効成分が含まれている化粧品を使っていても、毎日の食生活がお肌に栄養不足のものばかりだと化粧品の効果を期待することが出来ません。毎日の食事が肌の調子を整え、美しい肌を作ります。今一度毎日の食事を見直すことが大事です。

体の健康も肌の健康も毎日の食事がメインです。時間がなく手っ取り早いからといってスナック菓子やバーガーを食べていると肌に悪く、吹き出物などの原因になります。お肌にとって特に必要な栄養素はビタミン・ミネラルです。どちらの栄養素も生命維持には欠かすことが出来ない栄養素です。

ミネラルはカルシウム・鉄分・ナトリウムなど、必要な量はごくわずかですが体の調子、肌の調子を整える大切な栄養素です。また野菜や果物に含まれているビタミン類は美肌を作る栄養素としては欠かすことが出来ません。

ブルーベリーやナスに含まれているポリフェノールや豆腐や大豆に含まれているイソフラボンは肌の老化を防ぎ美肌に効果があるとされています。

化粧品を変えるときはまずはお試しセットから!

敏感肌の人や、お肌にトラブルが多い人は、なかなかお肌に合う化粧品は見つけにくいものです。またせっかく買ったのに肌にしっくり来なくて買い換えたいという場合もあります。そのようなときはどのようにしてますか? 特に顔の小じわやほうれい線、大人にきびで困っている人は多いです。

化粧品を買う場合や買い換える場合はトライアルセットで試して見ましょう。トライアルセットは季節ごとに違う化粧品を使いたいという場合にも利用できます。化粧品は使ってみないとそのときの肌状態に合うかどうかは分かりません。トライアルセットなら価格もそんなに高くなくリーズナルで誰でも試しやすいです。

高い化粧品だけど使ってみたいというときってあります。手が出せないくらい高価な化粧品も安い価格設定のトライアルなら気軽に試せるのがいいですね。それに一連の基礎化粧品、ローションに乳液、洗顔、美容クリーム、美容エッセンスもついて10日間も、長くて2週間も試せるのがいいです。

さらには、かわいいポーチまでついてるお試しセットなどもありますので気になるものが見つかった場合には、ぜひトライしてみましょう。

敏感肌のエイジングケアにはバリア機能をUPさせるセラミドを含む化粧品がおすすめ


バリア機能をUPさせる

年齢を重ねるとお肌の老化が始まり、しみ、しわ、たるみなどの症状が出てきます。これはお肌のターンオーバー機能と同時に肌のバリア機能が低下するからです。エイジングで敏感肌の場合、特にバリア機能が著しく低下している状態です。バリア機能が低下したままだとエイジングスキンケア化粧品の美白・美肌効果を十分に期待することが出来ずエイジングケアしても美白・美肌効果を得ることが出来ません。

エイジングケアする効果を十分に得るためにはバリア機能をアップさせる必要があります。バリア機能をアップさせるには、ずばりお肌の保湿です。保湿成分たっぷりの敏感肌用の基礎化粧品を使った後に、エイジングケア用の美容液などでエイジングケアを行ないます。お肌の保湿をしっかり行なうことで次第にバリア機能が回復しエイジングケアの効果を期待することができます。お肌のバリア機能が改善されると肌荒れなど肌トラブルなども改善し、化粧のりも良くなります。

セラミドを含む化粧品を選ぶこと

セラミドはお肌の水分を保っているとても重要な成分です。ヒアルロン酸、コラーゲンと共に皮膚になくてはならない美肌成分で年齢と共に減っていきます。そのためスキンケア商品などで外から補うことが大事です。皮膚の角質層にあるセラミドは、お肌のバリア機能が低下していると蒸発しやすく、敏感肌でエイジングだと更にセラミドの蒸発が加速されます。セラミドはお肌の角質層にありますが、年とともに減っていきます。エイジング用のスキンケア商品にはヒアルロン酸やコラーゲンといった美白・美肌成分と共に多く含まれているので、それらセラミドが多く含まれている化粧品を選んで使うことがベストです。

お肌のセラミドが補給されると、肌の弾力が戻り、はりが出て肌の若々しさを保つことが出来ます。敏感肌用のスキンケアをした後はヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド成分がたっぷりはいったエイジングスキンケア商品でお肌のつや・はりを取り戻し若々しさを保ちましょう。

お肌に刺激の少ない化粧品を選び刺激を与えないようにケアしよう!


お肌に刺激を与えないこと

お肌に刺激を与えるときは、朝晩のスキンケアと洗顔、入浴時の洗顔と入浴後のスキンケアなどです。特に洗顔するときは気をつける必要があります。無意識のうちにお肌をごしごししていることがあります。敏感肌には肌の摩擦が一番厄介です。

肌のバリア機能は更に失われ敏感肌の症状は悪化するばかりです。お肌のバリア機能が失われるとエイジングケアの美白・美肌成分のお肌への浸透率が悪くなり、本来のエイジングケア効果を期待することはできません。だから普段のスキンケア、洗顔時など出来るだけ肌に刺激を与えないように気をつけることが大切です。

お肌に刺激があたらないようにスキンケアするには直接手に化粧品を取りスキンケアをします。洗顔するときには、洗顔料を良く泡立てて洗顔するか、今では泡洗顔というのもあるので泡洗顔するのもいいです。通常の洗顔石鹸の2倍以上の泡立ちで毛穴の奥の汚れまですっきり落とせます。

泡立ちがいい洗顔料だと泡の優しい心地よい刺激で、お肌に刺激なくさっぱりした洗いあがりになるはずです。洗顔後は清潔なタオルで肌についている水滴を吸い取るように、そっとお肌にタオルをあてましょう。

刺激の少ない化粧品を選ぶこと

敏感肌の人は、化粧品に含まれている成分の刺激を受けてすぐに赤くなります。ですので、お肌への刺激が少ない成分が含まれている化粧品を選ぶ事がポイントです。

お肌に刺激がある成分にはパラペン、香料、着色料、アルコールなどですが、これらの成分が含まれている割合が低いか、全く含まれていない化粧品を選びましょう。無香料、無着色、アルコールフリーのもの、天然成分配合のコスメ、低刺激性化粧品など、ご自分のお肌に合う化粧品を選ぶようにしましょう。

お肌への刺激が少ない化粧品を選ぶときの大きなポイントは、お肌に必要でない成分が入っていないもの、敏感肌用に作られた化粧品を選ぶのもいいです。また敏感肌の人が使うファンデーションにはパウダリーファンデ−ションがいいです。

しっとりとした仕上がり感のリキッドタイプ、クリームタイプのものもありますが敏感肌の人には、不向きともいえます。パウダリーファウンデーションは、洗顔だけで落とせるお肌に刺激が少ないファンデーションです。

敏感肌の人はパッチテストを忘れずに!


ケアをするときは摩擦しない

敏感肌の方は普段のスキンケアはどのようにしていますか? ただ何気なく手のひらに化粧品を取りスキンケアしているだけでしょうか? それとも毎回コットンを使ってでしょうか? 敏感肌のエイジング基礎化粧品を使うときは直接手のひらに適当な量の化粧品を取り、お肌に化粧品の成分が良く浸透するように押しあてます。出来るだけコットンは使わないようにしたほうがいいでしょう。

コットンを使うとどうしても、お肌との摩擦がおきやすくなるので、手のひらでスキンケアするほうがお肌にはマイルドです。特に敏感肌の場合、コットンなどでのスキンケアは、お肌のバリア機能が更に傷つき、肌荒れなど敏感肌の症状が酷くなることがあります。必ず手でスキンケアを行ないましょう。敏感肌用の基礎化粧品で肌を整えた後は、クリーム・美容液などでエイジングケアします。

お肌の保湿力バツグンのセラミド、美白・美肌成分のヒアルロン酸やコラーゲンが多く含まれているクリームや美溶液などでしっかり保湿していきましょう。

パッチテストをやってみる

敏感肌の人が化粧品を買う前や使う前には必ずパッチテストをしましょう。敏感肌の人は特にかぶれ易いので化粧品に限らず、軟膏などもお肌に塗る前にはパッチテストをしましょう。化粧品のパッチテストは、コットンなどに化粧品をしみこませ二の腕や太ももに張って一晩か二晩様子を見ます。

パッチテストをするとアレルギーがあるかどうか、肌荒れなどの有無がわかります。だんだん赤くなったりしてきたらアレルギーがあるということになります。パッチテストは病院の皮膚科でも受けることが出来ます。その場合、もっと本格的に行なってもらえます。パッチテスト用の汗や水に強い軟膏を用意してくれて、腕や足に塗りアレルギーテストを行ってくれます。

自宅で本格的にパッチテストをする場合いは薬局でパッチテスト用の軟膏を買ってきてテストすることが出来ます。パッチテストの正しい反応を知る為には、入浴など、汗や水の侵入は避ける事が大事です。テスト中は入浴は避けましょう。

保湿はしっかり!アルコールや香料が含まれていないものを選ぼう!


保湿をしっかりとする

エイジングケアに欠かせないのがお肌の美白・美肌の保湿です。年齢を重ねるとお肌のターンオーバー機能が衰えて、メラニン色素が沈着ししみ、しわ、くすみ、そばかすの原因になります。しわやしみ、そばかす、紫外線からの色素生成などを抑える有効成分、美肌・美白成分が含まれていますが、厄介なのが敏感肌でバリア機能が低下していることです。

お肌のバリア機能が低下しているので外敵が侵入しやすく肌荒れなどおこしやすくなっています。このため美白・美肌成分が浸透しにくく、本来、有効に働くはずの美白・美肌成分が十分に働かなくなります。

エイジングケア用基礎化粧品の美白・美肌成分の有効成分を十分に発揮させるのには、お肌のバリア機能修復が欠かせません。お肌のバリア機能を修復させるには肌のバリア機能を高める保湿が効果的といえます。

敏感肌でエイジングケアの基礎化粧品は、お肌の保湿成分が多く含まれている敏感肌用の基礎化粧品を使ったあとに、エイジングケア用の基礎化粧品を使ってみましょう。

アルコールや香料が含まれていないものを選ぶ

敏感肌でエイジングケアする場合、基礎化粧品はどのようなものを選んだらいいのでしょうか? お肌に刺激が少ない成分が入っている化粧品を選ぶのはもちろんのこと、敏感肌でエイジングケアの化粧品選びは、まず先に敏感肌用基礎化粧品を選んで使うのがいいでしょう。
最も重要なことは、弱ったお肌のバリア機能を保湿でしっかり保護し修復することが大切です。敏感肌の化粧品選びは、お肌に刺激が少ない成分が入っているもの+保湿成分が多く含まれているものを選んで使いましょう。

敏感肌タイプの化粧品の数は多く、その中でも自分の肌質にあった化粧品を選ぶのは大変なことでもあります。無難なところでは天然成分配合のスキンケア商品や低刺激性の化粧品などがありますが、全く合成成分が入っていないわけではないので、化粧品に含まれている成分の割合等チェックすることが大事です。

特に避けたい成分はアルコールや香料、パラペンです。これらの成分は、お肌に刺激が強く、敏感肌には大敵な成分です。無香料、無色、アルコールフリーなどのスキンケア商品もあります。

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン