アトピー スキンケア

アトピー・超敏感肌のスキンケア方法と化粧品の選び方まとめ


アトピー・超敏感肌のスキンケア方法

お肌を清潔にしておくこと

アトピー性皮膚炎がある場合はいつも清潔を保つということが大切なポイントとなります。皮膚の毛穴に汚れが残ったままで化粧してもアトピー症状が悪化するばかりです。

また入浴して汗を流したあとの洗顔も正しく行ないます。超敏感肌でアトピーなので低刺激性の洗顔フォームやアトピー肌の薬用洗顔石鹸で洗顔します。洗顔するときもこすったり肌に刺激を与えないように注意する必要があります。

アトピーの症状が酷い場合でもそうでない場合でも、洗顔料を洗顔ネット等でよく泡立て泡を顔にふわふわとのせるようにして洗顔します。このように良く泡立てることで泡の粒子が毛穴の奥の汚れまですっきり落とします。

洗顔したあとは、アトピー肌専用の基礎化粧品でケアします。保湿クリームなどで肌の保湿はしっかり行ないます。アトピー肌は肌のバリア機能が著しく低下した状態なのでバリア機能を回復させるためには肌の保湿がとても重要です。

外部からの刺激を守ることも大切!

お肌の保湿だけでなく、外部からの刺激を受けることからお肌を守る為にも、お肌の保湿をしっかり行ないましょう。また身につける衣類の素材にも気をつけましょう。

アトピーに敏感肌だとなおさらちょっとした刺激でも受けやすくアトピー肌が酷くなります。できるだけ肌に優しい天然素材のものを身につけましょう。
吸水性バツグン、肌触りがいい綿素材のものがいいです。アトピーの症状がひどくならないように工夫することも大事です。

何といっても肌がかゆくなり、かゆみを少なくすることが大事です。たとえば入浴して肌が温まると肌がかゆくなり、掻いてしまうとアトピーが酷くなるので、これを食い止めるためにはお湯の温度を温めに設定し、お風呂から上がっても患部を保冷剤で冷やすなどの工夫をします。

かゆくなって患部を掻いてしまうこともあります。もし掻いてしまってもアトピーが酷くならないように手袋をはめる、長袖のシャツを着る、アトピー患部にガーゼや包帯をするなどの工夫をしましょう。

アトピー・超敏感肌の化粧品の選び方

アトピー肌専用の化粧品を優先する

アトピーと超敏感肌のスキンケア方法、また化粧品の選び方としては「アトピー肌専用」の化粧品を優先的に選んで使用することをおすすめします。

アトピー肌は、お肌の角質層のバリア機能が著しく低下している状態で改善されるのが難しく、その上に超敏感肌ですので基礎化粧品は合わせにくいと思われがちですが、同じようにお肌がちょっとした刺激にも弱く肌のバリア機能の働きが悪いという点ではアトピー肌も超敏感肌も同じといえます。

どちらかというとアトピー肌専用の基礎化粧品をメインに使います。アトピーの場合は化粧品だけでの改善が難しく毎日の食生活や精神衛生上の問題まで見直す必要があります。

またアトピーの場合は季節によっても症状が悪化したりよくなったりするので、お肌の状態を見て軟膏を塗ったり、超敏感肌用の化粧品を使ってみたりします。

特に梅雨時期は気をつけましょう

一年のうちアトピーの人が気をつけなくてはならない季節は梅雨時です。空気が湿ってじめじめしてるときは、お肌がかゆくなることが多く無意識のうちに肌を掻いてしまうことがあります。

アトピーの人がお肌を掻いてしまうと症状が悪化してしまうので、アトピー専用のかゆみ止め軟膏を塗るなどかゆみ止め対策を行なうことが大事です。夏は特に紫外線対策に力を入れましょう。

日に焼けると症状が悪化するので上着を羽織るなりして、直射日光を浴びないように気をつけましょう。汗を吹くときも肌の汗を吸い取る感じで肌にハンカチを軽くあてるようにして、お肌に刺激を与えないように注意しましょう。

梅雨時と同様で、汗でお肌かかゆくなるのでかゆみ止め対策を行なうことも大事です。また室内に入るとクーラーで空気が乾燥しているので、そのために肌の水分が蒸発して肌が乾燥しアトピーが悪化するので肌の保湿はしっかりと行なうことが大事です。

秋から冬にかけて、気持ちも落ち着きアトピー肌も落ち着くころですが、まめなスキンケアでお肌のケアはしっかり行ないましょう。

刺激の少ない成分を使用しましょう

超敏感肌でもアトピーの症状が軽ければ超敏感肌用の基礎化粧品やコスメでも十分使うことが出来ます。超敏感肌の化粧品は保湿成分のセラミド、美白・美肌成分のヒアルロン酸、コラーゲンが多く含まれているスキンケア商品です。コスメも敏感肌用、お肌に刺激が少ない成分が含まれているものを使います。

たとえばクレンジングの場合、クレンジングそのものの成分がメイクの油分を落とすので肌に刺激が強く、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ふき取りタイプなどありますがこの中でもお肌に一番マイルドなのがクリームタイプのクレンジングで超敏感肌に合うクレンジングです。 

水で洗い流すことが出来、使ったあとはぬるま湯で良くすすぎます。ふき取りタイプのクレンジングは、お肌を痛めてしまうので、できるだけ使用しないようにしましょう。

肌のバリア機能を強化させることが大切!

超敏感肌の洗顔もアトピー肌と同様に、お肌に刺激を与えないように洗顔料をよく泡立てて洗顔します。泡立ちが良く泡洗顔というような、お肌にマイルドな洗顔はアトピー肌や超敏感肌にいい洗顔です。洗顔したあとは、保湿成分が入った化粧水や乳液、クリームなどでスキンケアします。超敏感肌用の基礎化粧品の化粧水・乳液・クリームが1つになったオールインワンゲルもいいです。

保湿成分のセラミド、美白美肌成分のヒアルロン酸 肌の角質層の細胞間のクッション材成分になるコラーゲンがすべて含まれています。ゲル状で肌に成分が残りやすく肌細胞の隅々にまで成分が行渡り、弱っている肌のバリア機能が強化されます。

アトピー、敏感肌は外敵の侵入を防ぐバリア機能が著しく低下している状態なので、肌の保湿を行って肌のバリア機能を強化させることが大事です。

保湿成分が高い割合で含まれているスキンケア商品を使うとアトピーや超敏感肌は改善されます。出来るだけ保湿成分、セラミドが多く含まれているスキンケア商品を選んで使用し肌のバリア機能を高めましょう。数時間おきに重ね塗るすると更に効果があります。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン