敏感肌 脂性肌 スキンケア

敏感肌×脂性肌 オイリー肌のスキンケアはポイントで化粧品を使い分けて。


敏感肌かつ脂性肌のスキンケア方法のポイントは、化粧品の使い分け。敏感肌用の肌に優しい化粧品をベースに、オイリーになりやすいTゾーンなどポイントで脂性肌に向いている化粧品を使っていきましょう。ただし、保湿は大切ですからお忘れなく。

部分的に使い分ける!

敏感肌質なのに顔の部分、特にTゾーンはオイリー肌ということで、化粧品選びに困っている人は多いかと思います。敏感肌でオイリー肌という人の化粧品選びは敏感肌用とオイリー肌用、両方のタイプの基礎化粧品を「部分的に使い分ける」というスキンケア方法がおすすめです。

混合肌タイプの化粧品選びは「これ1本でケアO.K!」というスキンケア商品もありますが、そのようなタイプは、お肌に合うものはなかなかなく、両方のタイプのものを揃えておいて、その日の肌の調子や症状が酷い場合は化粧品の量を増減させたりする方がいいです。

洗顔料は肌に刺激が少ない成分が入ったオイリー肌タイプの洗顔料を選んで、Tゾーンの毛穴の中に詰まった皮脂や汚れを良く落としましょう。

洗顔料を選ぶ際は、お肌に必要な成分が残るタイプのものがありますが、お肌に必要な保湿成分などすすぎをしているうちに洗い流されてしまうので、肌の汚れを落とすことを第一に考えて洗顔料を選んだほうがいいでしょう。

美容液・クリームなどのケアも大切!

洗顔の後につける化粧水は、お肌に刺激が少ない成分が入った敏感肌用の化粧水を使います。乳液はオイリー肌用で、お肌に刺激が少ない成分のものを選びましょう。

一般的に敏感肌質の人の化粧品は肌に刺激が少ない成分が入っているスキンケア商品なのでいいのですが、オイリー肌用化粧品も肌に刺激が少ないものを選びましょう。

Tゾーンがオイリー肌だからといって洗顔後何もつけないでいるというのは大きな間違いです。またオイリー肌だからといって肌の保湿はしなくてもいいと考えるのもNGです。

オイリー肌の部分ケアを何もしないでいると、皮脂が余計過剰に分泌され更にオイリー肌になります。また敏感肌の部分は肌のバリア機能が低下している状態で肌の保湿によって回復します。

だからオイリー肌の部分も敏感肌の部分も、しっかりケアすることが大事です。乳液をつけた後は、美容液・クリームなどでのケアも大切です。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン