敏感肌 大人ニキビ スキンケア

敏感肌×大人ニキビ スキンケア方法と化粧品の選び方


大人ニキビができてしまった敏感肌。もともと、敏感肌の方は吹き出物ができやすいと言われています。肌のバリア機能が弱っていて肌が乾燥しやすいため、アクネ菌が繁殖しやすい状態になるのです。ではどのようなスキンケアや化粧品が適しているのかについて解説いたします。

低刺激のニキビ専用スキンケア商品を使用しましょう!

顔に大人ニキビができると外出するのも気になってしまうものです。特に敏感肌なのに、大人ニキビができやすい混合肌のタイプの人の化粧品選びには悩んでしまうほどです。

ちょっとでもお肌に合わない化粧品を選んで使ったために、合わない成分でニキビが増えたということにもなりかねません。普通のスキンケア商品を使うとニキビが更に悪化する恐れがあります。

敏感肌でニキビができやすいという人は、必ずニキビ専用のスキンケア商品を使用するようにしましょう。また洗顔料の選び方も大事です。

あまりすっきりと皮脂が洗い流されてしまう洗顔料は、逆にニキビができやすくなります。適度に毛穴の中に詰まった皮脂が洗い流される洗顔料を選びましょう。

髪の生え際や小鼻の周りはよくすすぎましょう!

最近は泡洗顔というお肌にマイルドな洗顔料もありますが、固形の洗顔石鹸などで、洗顔する場合洗顔ネットなどで良く泡立ててから泡で顔を包み込むようにして洗いましょう。

決して手でごしごししないように気をつけ、すすぎも良く行ないましょう。すすぎ残しがないように髪の生え際や小鼻の周りは良くすすぎましょう、すすぎ残しがあると敏感肌の人はすぐに過敏に反応してしまいニキビができやすくなります。

またスクラブ入りの洗顔フォームがありますが肌を傷つけニキビができやすくなるので使わないようにしましょう。

洗顔したあとのケアも大事です。大人ニキビができやすくなったりニキビが悪化したりするのは皮膚の毛穴が汚れで詰まりやすくなることが原因です。また敏感肌というのは肌のバリア機能が低下しているからです。このようなことからもわかるとおり、洗顔後の肌の保湿はとても大事です。 ケアを怠るとニキビが更に悪化することになります。

ニキビ用の基礎化粧品を使ったあとはニキビ専用のクリームなどでしっかり保湿することが大事です。保湿をしっかり行なうことで、敏感肌を乾燥から守りバリア機能強化につながります。バリア機能が回復すれば敏感肌が回復しニキビも改善されます。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン