敏感肌 乾燥肌 スキンケア

敏感肌×乾燥肌、スキンケアのポイントは保湿!化粧品の選び方付き


敏感肌かつ乾燥肌の方のスキンケア方法と化粧品の選び方を紹介します。このタイプの肌は「乾燥性敏感肌」とも呼ばれています。敏感肌はもともと乾燥しやすく、多くの方が悩んでいる症状です。スキンケアのポイントは保湿。詳しく見て行きましょう。

重ねぬりをする!

敏感肌と乾燥肌両方スペシフィック的なお肌の人は、敏感肌用の基礎化粧品を使った後に肌の乾燥が特にひどい部分に保湿成分の多い乳液など乾燥肌用の化粧品を重ねぬりするのがいいでしょう。

お肌の乾燥が酷いという場合は敏感肌用の化粧水を使ったあと、顔全体に乾燥肌用の化粧品をコットンにたっぷりつけ保湿成分を良く馴染むように肌に押し当てます。基本的には敏感肌・乾燥肌どちらにしても、お肌が化粧品の成分には敏感な状態ですので、お肌に刺激が少ないものを選びましょう。

化粧品を選ぶときに気をつけることは、無香料、無添加、自然派化粧品、低刺激性化粧品、このように安全表示され販売されている化粧品がありますが、それら自体は肌に刺激が少ない成分が入っていますが全く肌に刺激がない成分が入っていないことではないので100%安心して使えるわけではなく注意する必要があります。

こういった複合的に悩みがある肌の人が化粧品を選ぶ場合、刺激が少ない成分の割合など良く確かめ、サンプル化粧品を使ってみて自分の肌に合うかどうかを確かめてから化粧品を買うようにしましょう。

保湿をしっかり行うこと!

お肌に合わない化粧品を買ってしまったからといって、すぐに使うのを止めてしまうのではなくて使い方をちょっと変えてみて、お肌の調子を見てみましょう。

たとえば敏感肌用の化粧水の量を増減して使ってみたり、コットンにタップリ化粧水を含ませ、お肌に良く馴染ませたり乾燥肌用の化粧品の重ねぬりの量を増やしたりなどします。

化粧品に入っているどの成分が肌にあってないのかを特定しにくいので使い方をちょっと変えただけでお肌に馴染む場合があるので、どの成分があってなかったのかもわかりやすいです。

敏感肌性乾燥肌の人は、保湿を第一に考えて化粧品を選ぶことも大切です。保湿成分が足りないとお肌の乾燥は酷くなるばかりで赤くひりひりしてきます。敏感肌質のことも考えて、お肌に刺激が少ない成分が入っているクリームや美容液で肌の保湿をしっかり行うことも大事です。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン