肌に優しい化粧品

髪の毛が触れるだけで敏感になっているお肌…その時の状態でケア方法を変えましょう


お肌の状態に合わせてケアをしましょう

敏感肌の人だけではなく、普通肌の人でもオイリー肌の人でも、髪の毛がちょっと触れただけで赤くなるというときがあります。そのようにお肌が敏感になっているときのスキンケア方法は、敏感肌用の基礎化粧品、お肌に刺激が少ない成分が入っているものを使用しましょう。

普段使っている基礎化粧品を使い続けるとお肌のトラブルは酷くなるばかりです。そして髪の毛がお肌に触れないようにする為に、ヘアゴム等で髪をくくるなどしましょう。

お肌の状態はいつも一定しているわけではなく万人の肌にぴったり合う化粧品といのはなく、その時々によってお肌の状態に適した化粧品を選んで使うことがベストです。

またはお肌に刺激が少なく、最低限必要な成分だけが入っている化粧品を使うなどシンプルなケアをします。

敏感肌に合う成分とは!?

お肌が敏感になっているときは肌のバリア機能が低下しているときで、お肌のバリア機能を高める成分が入ったセラミドやコレステロール、脂肪酸入りの肌に優しい化粧品を選んで使いましょう。

その他の成分では、ヒアルロン酸や天然保湿因子が入った化粧品もいいです。反対に肌に刺激が強い成分は、エタノール、パラペン、プロピル、メチルなどです。化粧品を長持ちさせる保存料や化粧品を腐らないようにする防腐剤はどの化粧品にも入っています。化粧品の香り付けに使われる香料は肌トラブルの多い成分ですので気をつけましょう。超敏感肌の人は特にお肌に刺激のある化粧品は避けましょう。

またどのような成分が自分のお肌に合わないのかをチェックすることも大事です。髪の毛が触れただけで赤くなり肌荒れが酷くなった場合は、保湿美容液や保湿クリームを使うと効果があります。

美白・美肌成分、ビタミンC誘導体や肌の角質層のバリア機能を高めるセラミドは、保湿力バツグン成分です。ビタミンC誘導体は肌荒れを予防するだけでなく、くすみやシワにも効果が期待できる成分です。もちろんニキビにも効果が期待できます。ホホバオイル入りのクリームもお肌に刺激が少なく肌荒れ等には良いでしょう。

肌に優しい化粧品も参考にしてくださいね。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の敏感肌向け化粧品
年代別スキンケア
肌質別スキンケア
敏感肌対策のキホン